--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-21(Thu)

キタコレ

027367320000.jpg


『姉ちゃんの詩集』   著・サマー






ホントに出したよ・・・・



持ってる人いたら見せてw



サマーって誰?って思った人は、時間確保して、人気の無い所でこれ読めや。
スポンサーサイト
2006-11-15(Wed)

大学の近くにBookoffを発見

彷徨ってたら、近くにBoohoffを見つけました。






で、適当に立ち読み。









・・・・あまり一般受けしないかもしれない本を・・・・



more...

2006-07-12(Wed)

期末勉強のストレスなのか読書しまくり・・・・

本日はこれを読んだ。



SHIKIbw.jpg


 『四季・冬』



森博嗣さんの書かれた「四季シリーズ」の第4冊目である。つまりシリーズ最終巻である。



他には春夏秋冬と以下のようにある。



SHIKIgs.jpg


 『四季・春』


SHIKIrs.jpg


 『四季・夏』

 
SHIKIwa.jpg


『四季・秋』



表紙がなんかイイ。



ちなみにこれらは続けて読んだ。全てを読み終えるのに3日を有した。





実は「春」は少し前に途中まで読んだ。


イロイロあって途中までしか読めなかったのだが、本日読み終える事ができた。


このシリーズは「S&Mシリーズ」に登場するあるキャラクターについての話。


その人物の生い立ちについて延々と語る。



ファンサービス満載。



とりあえす、ジャンルがミステリィなのは印刷ミスだと思う



これを読む前に「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」をそれぞれ読んでおく必要がある。でないと話が理解できない。



ついでに「女王の百年密室シリーズ」なども読んでおくと、この作家の傾向について知れるのでは。







まあ、個人的にはおもしろかった。



森さんの作品は読んでいると頭が良くなったような錯覚に陥る。その感覚がいい。



一番驚いたのは「冬」かな。



最後はそれなりの余韻に浸れた。



何より、まさか○○イコール○○○○○だったとは。気づけるか。



まあ、森さんの表現、比喩、言葉遊びが好きな人は図書館等で読んで見てください。







ちなみに森博嗣さんについて知りたければ↓へ


http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/

http://blog.mf-davinci.com/mori_log/index.php


2006-07-10(Mon)

をいをい

一般受けするかどうか微妙な本の紹介。




タイトルに「学園」って付きます。



興味のある方だけレッツ、スクロール

























書店にてこんな本を発見。




0268686700002.jpg



「学園キノ」






って、あれ?




キノ?




学園?




・・・・・・・・





学園キノだとーーーーー!!(゚∀゚)





ちょっと待てーーーーーーい!( ゚Д゚)




これって「キノの旅」だよね!?




え? 「キノの旅」を知らない? いけませんな~

仕方が無い。少々説明しよう。








  『キノの旅』  


電撃文庫というマニアーマイナーな出版社から出ている小説。



作者は時雨沢恵一。モデルガンマニアらしい。

そしてどうも2ちゃんねらーらし      ターン   ( ゚д゚)・∵.-   ドサ











ムク

(頭から血を流しつつ)



気を取り直して、



イラストは黒星紅白(サモンナイトの絵師である飯塚武史と同一人物)



内容は「旅人キノが喋るオートバイと共にいろいろな文化・技術を持った国を3日ずつ巡っていく旅物語。」みたいな。




個人的にこの独特なストーリーとレトロスペクティブでファンタジックな世界が気に入ってる。




「この話に出てくる国は現在の民主主義を皮肉ってる」とか何とか難しい考察があるらしく、しかし最近の作品にはその要素が少ないのか新巻出る度に叩かれてる。


全く、大人たちは高が電撃文庫に何を期待しているのやら┐(´∇`)┌      ターン   ( ゚д゚)・∵. 





そしてなによりこの小説の(というか作者の)最大の魅力は何でも有りの「あとがき」である。(あとがきって何?ってな奴はググれや)



毎度毎度、やりたい放題の内容で、カラーなあとがきだったり、広告欄ジャックしたり、遊び心満載である。




何でも作家としての目標はあとがきのアニメ化だとか・・・┐(´ー`)┌ヤレヤレ      ターン   ( ゚д゚)・∵.-    




たぶんあとがきのネタが切れたときが引退するとき   ターンターンターン  パララララララ 
    

 
⊂⌒~⊃ 。A。)つ hennjiganai tadanoshikabanenoyouda




 
・ 







というか、私は半分このあとがきのために買ってる(爆)



(あとがき)面白いんで購入または図書館とかで借りてみましょう!(宣伝)










――で、話は戻すんだが。




ぶちゃっけ、何だよ学園キノって。



あれか、あとがきの長編か(マテ



んなもん誰が買うんだよ・・・




つーか元祖キノが真面目で、いわゆる電撃文庫で増殖している「ソッチ系」要素が皆無の(っても、そっちには疎いから、何がその要素になるのか知らないんだけどね)貴重な文庫だと思ってたのに。





学園パロディって・・・








 オイ! シグサワァァァァァ!!!( ゚Д゚)










  _, ,_ パーン
 ( ‘д‘) <よ く や っ た !
  ⊂彡☆))Д´)←時雨沢




とりあえずあとがき気になるんで買いました(爆)






ところで表紙が細工がしてあるのは主人公キノの格好が「キノの旅」のネタバレになっているからである。

とりあえず元祖キノを読むまでは表紙を見ない事をオススメする。


・・・まあ、バレバレか キノが女である事は

more...

2006-07-09(Sun)

宣伝

例のごとく宣伝。




20050826.jpg



『NHKにようこそ!』




あなたはこの題名を見てどんな話だと想像しましたか?



ちなみに、わたしはNHK社員である表紙のねえちゃんが新入社員の主人公と共にNHKの裏側を解説するみたいなストーリーを妄想したのだが


ところがドッコイ


(ドッコイ 相手の意図をさえぎり止めるときに発する語)





表紙のねえちゃんは17,8歳なので正しくは「ねえちゃん」ではなく「若い女の子」なのである。





て、ドッコイなのはそこじゃねーよ!!ヽ(゚Д゚,,o)ノ



内容は上の妄想とは全く全然(重複)違いました。


自分が大学中退したのも、女にモテないのも、今現在引きこもりなのも、みんなすべてNHKの仕業だ!そうに違いない!と思い込んでる男の哀れな話です。



ぶっちゃけると、引きこもりとヲタクがエロゲーと酒とヤクで腐っていく話でした(爆)









・・・て、これじゃー誰も買わないよな。



まあ、大雑把に説明するとあんな感じですが、補足すると、




主人公があまりにも哀れなんで思わず笑い涙してしまう話ですよ。≧(´▽`)≦アハハハ




「なんか自分はずいぶんまともだな~~~まともって幸せな事だな~~」てな具合に、見下して読むと心が温まります。(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ





あと、引きこもりの心理が良く分かりますよ(分かってもなぁ~・・・(´・ω・`))

つーか、リアルで生々しい(・・・・)




究極のトリップを約束するクスリの合成について詳しく書いてありますよ。合法なのでモーマンタイ☆らしい(これはちょっと・・・)




あとは宗教とかエロゲーとか・・・・・・




作者の実話らしいとか・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・












・・・たぶん楽しく読める人とそうで無い人がいると思う。


・・・まあ、興味が出たらどうぞ。


なんか軽く世界観変わっちゃったりしても私をせめないでね。

モンスターハンター今日は何の日

プロフィール

江本

Author:江本
名前は良(りょう)

↑MH2でのキャラフェイス

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。